金脉娱乐手机官网鍥界珛澶у娉曚汉 宀″北澶у 銉椼儸銈广儶銉兗銈?/title> <description>宀″北澶у銇叕寮忋偟銈ゃ儓銆?/description> <link>http://mhyt287.cn/</link> <dc:date>2020-08-11</dc:date> <items> <rdf:Seq> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id755.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id748.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id747.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id750.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id746.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id749.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id753.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id751.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id754.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id752.html" /> </rdf:Seq> </items> </channel> <item rdf:about="http://mhyt287.cn/tp/release/release_id755.html"> <title>姘楀瓟銈掋倎銇愩倞銆佹銇伨銇ф垿銇嗭紒妞嶇墿绱拌優銇ㄧ梾鍘熺湡鑿屻仺銇€滄皸瀛旈槻琛涙垿鈥濄伄浠曠祫銇裤倰鏄庛倝銇嬨伀 http://mhyt287.cn/tp/release/release_id755.html ◆発表のポイント多くの病原真菌は植物の気孔から侵入し、作物の生産に多大な被害を与えますが、気孔を構成する孔辺細胞と病原真菌との相互作用機構はこれまで十分に解明されていませんでした。孔辺細胞が真菌の細胞壁成分キチンを認識して気孔を閉じ、菌の侵入を防ぎ、一方で真菌はキチンをキトサンに変換することでこれを回避するという関係性とその仕組みを解明しました。本研究に基づいた気孔制御技術の開発により、作物の耐病性向上が期待されます。 岡山大学大学院環境生命科学研究科・農学部の村田芳行教授と上海交通大学農業生物学部の叶文秀助教授らの共同研究チームは、気孔をめぐる植物細胞と病原真菌との“戦い”についてこれまで謎であった仕組みを解明しました?  多くの病原真菌は植物の気孔から侵入し、作物の生産に多大な被害を与えます。しかし、気孔を構成する孔辺細胞と病原真菌の相互作用機構は十分に解明されていません。本研究では、孔辺細胞が真菌の細胞壁成分キチンを認識することで気孔閉口を誘導し、菌の侵入を防ぐことと、その分子基盤を明らかにしました。一方で、病原真菌はキチンを脱アセチル化し、キトサンに変換することで気孔閉口を回避します。面白いことに、そうやって蓄積したキトサンを孔辺細胞は別の機構により認識し、自ら死ぬことで、感染を抑制します?  過去の十数年、気孔の免疫応答は開閉制御しか知られていませんでした。本研究は植物が孔辺細胞死という強力な免疫応答を持つことを明らかにし、新たな研究領域を開拓しました。本研究の知見に基づいた気孔制御技術の開発により、作物の耐病性向上が可能になることが期待されます? 本研究は、岡山大学(大学院環境生命科学研究科、資源植物科学研究所)、上海交通大学、明治大学、名古屋大学との共同研究で行われたものです。この研究成果は8?1日、米科学アカデミー紀要(PNAS)電子版に掲載されました? ◆研究者からのひとこと村田:岡山大学の私たち(村田・宗正)のチームでは、気孔の開閉運動に関わる孔辺細胞信号伝達経路の研究だけでなく、植物の環境ストレス応答の研究も行っています? 叶:上海交通大学にある私たちのチームでは主にシングルセルレベルで植物と微生物の相互作用の分子メカニズムを研究しています。現在、ポスドク、大学院生を募集しています。ご興味ある方はぜひご連絡ください? 村田教授(左)・叶助教授 ■論文情報論 ?名:Stomatal immunity against fungal invasion comprises not only chitin-induced stomatal closure but also chitosan-induced guard cell death??紙:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS)著  者:Wenxiu Ye*, Shintaro Munemasa, Tomonori Shinya, Wei Wu, Tao Ma, Jiang Lu, Toshinori Kinoshita, Hanae Kaku, Naoto Shibuya and Yoshiyuki Murata* (*共同責任著?D O I:https://doi.org/10.1073/pnas.1922319117 <詳しい研究内容について? 気孔をめぐり、死ぬまで戦う!植物細胞と病原真菌との“気孔防衛戦”の仕組みを明らかに <お問い合わせ> 岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授 村田 芳行 (電話番号)086-251-8310 (FAX?86-251-8310 上海交通大学農業与生物学院 助教授 ?文秀 (電話番号)+86-21-34208546 (FAX?86-21-34208546 2020-08-11 下载牛牛钱包宀″北澶у鐥呴櫌銇€屾浮鑸儻銈儊銉冲鏉ャ€嶃倰闁嬭ō http://mhyt287.cn/tp/release/release_id748.html  岡山大学病院?020??日、総合内科・総合診療科に「渡航ワクチン外来」を設置します。昨今の新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延のため、現状では渡航者数は激減しています。しかし、加速するグローバル化に伴い、出張等で海外渡航を余儀なくされる場合や、近い将来には以前のように旅行等を目的とした渡航が可能になる日は必ず訪れると思われます?  「渡航ワクチン外来」では、安全かつ健康に海外渡航するためのお手伝いをします? <詳しい内容について? 岡山大学病院に「渡航ワクチン外来」を開設 <お問い合わせ> 岡山大学病院 総合内科・総合診療科 准教授 萩谷 英大、教授 大塚 文男 (電話番号)086-235-7342 2020-07-30 斗牛大亨手机版宀″北澶у鐥呴櫌銇閬撱伄鐥呮皸銈掔窂鍚堢殑銇ê鏂兓娌荤檪銇欍倠銆岄閬撶柧鎮c偦銉炽偪銉笺€嶃倰闁嬭ō http://mhyt287.cn/tp/release/release_id747.html 食道には、逆流性食道炎を生じる食道裂孔ヘルニアなどの良性疾患から食道がんなどの悪性疾患まで、さまざまな病気が発症します。その特徴は、比較的高齢で糖尿病や心疾患など他の病気を合併した患者さんが多く、高齢化社会を迎えたわが国では今後さらに増えていくことが予想されます。また、食道は頸から胸、腹とつながり、体の前面から深い位置を通っているという解剖学的な理由から、手術が大きくなったり難しくなったりする場合が多くあります?  岡山大学病院では、食道がんに対して全国有数の年間120例以上の体に優しい手術(内視鏡手術、ロボット手術)を行っており、早期食道がんには内視鏡での切除、進行食道がんには抗がん剤と放射線での治療なども行っています。また、先進的な試みとして、食道がんに対するウイルス治療法も開発しています。さらに、良性疾患の食道裂孔ヘルニアに対する内視鏡手術や食道が細くなる食道アカラシアに対する特殊な内視鏡的筋層切開術(POEM)も積極的に試みています?  これらの診療は、消化器内科、消化管外科、放射線科を中心として、多くの診療科・部門の支援によるチーム医療で成り立っています。この度、その実績や体制を患者さんや紹介いただく先生方によりよく理解いただくために?020??日、岡山大学病院に「食道疾患センター」を開設いたします。中国四国地方の食道疾患の治療成績向上への貢献が期待されます? <詳しい内容について? 岡山大学病院に食道の病気を総合的に診断・治療する「食道疾患センター」を開設 <お問い合わせ> 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(医)消化器外科? 教授 藤原 俊義 (電話番号)086-235-7257 (FAX番号?86-221-8775 2020-07-30 正规捕鱼游戏平台鏂般仧銇儹銉溿儍銉堟敮鎻存墜琛?绋锛堛儹銉溿儍銉堟敮鎻磋吂鑵旈彙涓嬭厧鐩傚舰鎴愯銆併儹銉溿儍銉堟敮鎻磋吂鑵旈彙涓嬩粰楠ㄨ啠鍥哄畾琛擄級銇繚闄鸿ê鐧傘倰灏庡叆 http://mhyt287.cn/tp/release/release_id750.html ◆発表のポイント2020?月より、新たに腎盂尿管移行部狭窄症に対するロボット支援腎盂形成術と女性骨盤臓器脱に対するロボット支援仙骨膣固定術が保険適用となりました。岡山大学病院泌尿器科では、保険適用に合わせて2020?月からこの2つのロボット支援手術を開始しました。 岡山大学病院泌尿器科では、全国でも先駆けて(平成22?0月)手術支援ロボットシステムを用いた手術を開始し、これまでに1000例を超えるロボット手術(前立腺、腎、膀胱)を行っております?  2020?月から、ロボット支援腎盂形成術とロボット支援仙骨膣固定術という2つの手術が新たに保険適用となりました?  これまで岡山大学病院では、ロボット支援腎盂形成術は自費診療で行っておりましたが、今後は保険診療で治療を行うことで、患者さんの経済的な負担が軽減されます。女性骨盤臓器脱に対する治療はこれまで腹腔鏡下仙骨膣固定術にて行っておりましたが、ロボット支援下にて行うことで手術精度の向上が期待されます?  岡山大学病院では新たにロボット支援腎盂形成術及びロボット支援腹腔鏡下仙骨膣固定術を導入し、保険診療での手術を開始します?     <詳しい内容について? 新たにロボット支援手?種類(ロボット支援腹腔鏡下腎盂形成術、ロボット支援腹腔鏡下仙骨膣固定術)の保険診療を導入 <お問い合わせ> 岡山大学病院 低侵襲治療センタ? 講師 小林 泰之 岡山大学病院 泌尿器科 助教 佐古 智子 (電話番号)086-235-7287 (FAX?86-231-3986 2020-07-30 华富鼎彩票APP瀹氫緥瑷樿€呯櫤琛紙7鏈堬級闁嬪偓 http://mhyt287.cn/tp/release/release_id746.html  本学??0日、教育・研究・医療の成果や社会貢献の取り組みなどをお知らせする定例記者発表を行いました?  今回の発表・お知らせ事項は下記のとおりです? 【FOCUS ON】「味」を感じる身体の仕組み【発表事項】アルツハイマー病患者さんの不安定な精神状態へのより良い処方薬についての研究(岡山うつアパシープロジェクト)3年間の追跡調査でむし歯が増加した大学生の唾液に多く含まれていた新たな細菌グループを発見真備町アンケート調査により水害片付けごみの排出行動を分析新物質Qカーボンの作製を再現 エネルギー材料としての展開に期待おかやまサイエンス・トーク&トライア?020 on-line 開催新たにロボット支援手?種類(ロボット支援腹腔鏡下腎盂形成術、ロボット支援腹腔鏡下仙骨膣固定術)の保険診療を導入【資料提供】蓄電池過充電時の金属析出メカニズムを解?amp;#65374;発火事故を防ぐための安全性評価に貢献&#65374;新型コロナ感染拡大の中、今年はZoomで岡山大学医学部保健学科が『オンライン・オープンキャンパス』を開催「医療スタッフになるには?将来の仕事は?」岡山大学病院に「渡航ワクチン外来」を開設岡山大学病院に食道の病気を総合的に診断・治療する「食道疾患センター」を開設令和2年度 農学部公開講座「マウスの卵・精子を用いた体外受精を行ってみよう」令?年度 理学部公開講座「極限の世界? 詳しい記者発表の資料についてはこちらをご覧ください? 【本件問い合わせ先? 総務・企画部広報? (電話)086-251-7292 2020-07-30 秒速赛车九宫是什么钃勯浕姹犻亷鍏呴浕鏅傘伄閲戝睘鏋愬嚭銉°偒銉嬨偤銉犮倰瑙f槑 &amp;#65374;鐧虹伀浜嬫晠銈掗槻銇愩仧銈併伄瀹夊叏鎬ц渚°伀璨㈢尞&amp;#65374; http://mhyt287.cn/tp/release/release_id749.html ◆発表のポイントスマートフォンなどに幅広く利用されているリチウムイオン電池や次世代二次電池であるナトリウムイオン電池は、過充電されると電極内に金属(リチウム、ナトリウム)が析出し、これが内部ショートや発火の原因となりますが、これまで電池内部での金属析出の様子を直接観察することは困難でした。核磁気共鳴分析(NMR)を利用して析出の様子をリアルタイムで観測することに成功し、電極構造の違いによる金属析出のしやすさを明らかにしました。過充電に対する電池ごとの安全限界を見極めることが可能になります。 岡山大学大学院自然科学研究科・後藤和馬准教授のグループは、物質・材料研究機構(NIMS)先端材料解析研究拠点・端健二郎主幹研究員のグループと共同で、リチウムイオン電池やナトリウムイオン電池が過充電された際に負極に生じる金属析出現象をリアルタイムで観測することに成功し、電池の発火事故の原因となる過充電のメカニズムを解明しました。本研究成果は??9日付で英国科学雑誌「Journal of Materials Chemistry A」のオンライン版に掲載され、ま?020年の同誌Hot Papersに選出されるとともに7?8日号の内表紙に採択されました?  リチウムイオン電池はスマートフォンやノートパソコン、電動工具などの電源として幅広く利用されていますが、電池を過充電すると電極内に金属(リチウム)が析出し、これが内部ショート、発火の原因となります。本研究では、これまで直接観察が難しかった電池電極内部での金属の析出の瞬間について、核磁気共鳴分析(NMR)によりリアルタイムで観測することに成功し、電極構造の違いによる金属析出のしやすさを明らかにしました? 本成果は二次電池の過充電に対する安全性限界を見極める技術として、既存電池や新規電池の特性評価や電気自動車(EV)用リユース電池の安全性評価等に有効であり、電池利用技術の発展に大きく貢献することが期待されます。◆研究者からのひとこと現在利用されている電池やこれから実用化される新しい電池の安全性向上に、本研究成果が役立てば大変うれしいです。後藤准教授 ■論文情報 ??名:Mechanisms for overcharging of carbon electrodes in lithium-ion/sodium-ion batteries analysed by operando solid-state NMR ??紙:Journal of Materials Chemistry A ?  者:Kazuma Gotoh, Tomu Yamakami, Ishin Nishimura, Hina Kometani, Hideka Ando, Kenjiro Hashi, Tadashi Shimizu, and Hiroyuki Ishida D O I?0.1039/D0TA04005C U R L:https://doi.org/10.1039/D0TA04005C <詳しい研究内容について? 蓄電池過充電時の金属析出メカニズムを解明 &#65374;発火事故を防ぐための安全性評価に貢献&#65374; <お問い合わせ> 岡山大学 大学院自然科学研究科(理学部? 准教授 後藤和馬 (電話番号)086-251-7776 2020-07-30 捕鱼游戏ui素材资源3骞撮枔銇拷璺¤鏌汇仹銈€銇楁銇屽鍔犮仐銇熷ぇ瀛︾敓銇斁娑层伀澶氥亸鍚伨銈屻仸銇勩仧鏂般仧銇窗鑿屻偘銉兗銉椼倰鐧鸿 http://mhyt287.cn/tp/release/release_id753.html ◆発表のポイント大学時代は、生活環境・習慣の変化によりむし歯が増加しやすい時期といわれています。近年、詳細に細菌を同定できる次世代シーケンサーを用いて、むし歯に関与する細菌に着目した研究が多くされてきていますが、大学生を対象としたものはありません。大学時代にむし歯が増加した大学生と増加しなかった大学生の唾液を用いて次世代シーケンサーで細菌叢を比較した結果、むし歯が増加した大学生には複数の細菌の割合が高いことがわかりました。岡山大学大学院医歯薬学総合研究科口腔形態学分野の福原瑶子助教、同大予防歯科学分野の森田学教授、同大保健管理センターの岩﨑良章教授の研究グループは、大学生におけるむし歯の増加に着目し、唾液中に含まれる細菌叢とむし歯の増加との関連を解析しました?年間の大学生活中でむし歯が増加した学生・増加しなかった学生からそれぞれ唾液を採取し、次世代シーケンサーを用いて細菌のプロフィールを比較した結果、むし歯が増加した学生のほうで複数種の細菌の割合が高いことがわかりました。本研究結果?020??5日、スイスの学術専門誌「International Journal of Environmental Research and Public Health」のオンライン版で公開されました。◆研究者からのひとこと“むし歯”ときくと子どもの病気だと思っていませんか?どの年齢であってもむし歯にはなるんです。とくに日本の場合、大学生になって初めて一人暮らしを始める人が多く、生活環境・習慣も変化しやすいことからむし歯になりやすいです。楽しい大学時代にするためにもお口のケアもしっかり行いましょう!福原助教 ■論文情報 ??名:Caries Increment and Salivary Microbiome during University Life: A Prospective Cohort Study ??紙:International Journal of Environmental Research and Public Health ?  者:Yoko Uchida-Fukuhara?Daisuke Ekuni?Md Monirul Islam?Kota Kataoka?Ayano Taniguchi-Tabata?Daiki Fukuhara?Naoki Toyama?Terumasa Kobayashi?Kohei Fujimori?Nanami Sawada?Yoshiaki Iwasaki?and Manabu Morita D O I?0.3390/ijerph17103713 <詳しい研究内容について? 3年間の追跡調査でむし歯が増加した大学生の唾液に多く含まれていた新たな細菌グループを発見 <お問い合わせ> 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 口腔形態学分? 助教 福原瑶子 (電話番号)086-235-6632 (FAX?86-235-6634 2020-07-30 Q玩棋牌鏂扮墿璩猀銈兗銉溿兂銇綔瑁姐倰鍐嶇従銆€銈ㄣ儘銉偖銉兼潗鏂欍仺銇椼仸銇睍闁嬨伀鏈熷緟 http://mhyt287.cn/tp/release/release_id751.html ◆発表のポイント世界に先駆けて、新しい炭素材料Qカーボンの再現に成功しました。Qカーボンの作製には、原料炭素の熱的性質と照射レーザーの強さを適切に調整することが重要であることを示しました。Qカーボンを用いた省エネやエネルギーに関する研究が加速されると期待されます。 岡山大学異分野基礎科学研究所の村岡祐治准教授らの研究グループは、世界に先駆けて、作製が非常に難しい新しい炭素材料Qカーボンの作製を再現することに成功しました。また、Qカーボンの作製方法を確立するための指針を示しました?  研究成果は?020??5日、科学雑誌「Carbon」電子版に掲載されました?  Qカーボン?015年に報告された新しい炭素同素体です。室温強磁性、わずかなエネルギーでの発光、ダイヤモンドを凌ぐ硬度、ホウ素ドープ(添加)による超伝導などの特性を示します。これらの特性は省エネやエネルギー問題を解決するうえで有用であるために、世界中でQカーボンを再現するための研究が繰り広げられています。しかし、Qカーボンはレーザーを使った極短時間のプロセスにより生成されるためその作製が難しく、これまで発見者グループ以外にQカーボンの作製例はありませんでした。今回、岡山大学の村岡祐治准教授らの研究グループはナノ秒レーザーを使用した作製プロセスにおいて、冷却度に着目して実験を行いました。その結果、溶融炭素の急冷度を厳密に制御することによりQカーボンを作製することに成功しました。また、Qカーボンの作製には、原料炭素の熱的性質と照射レーザーの強さを適切に調整することが重要であることを明らかにしました?  本研究成果は、Qカーボンを作製するための指針を示すものです。この成果により今後、Qカーボンの作製方法を確立する研究やQカーボンを用いた省エネやエネルギーに関する研究が本格化すると期待されます。◆研究者からのひとことQカーボンの作製に成功したときには研究室の学生たちと大喜びしました。失敗続きの後に巡ってきた、うれしい瞬間でした。村岡准教授 ■論文情報論 ?名:Formation of Q-carbon by adjusting sp3 content in diamond-like carbon films and laser energy density of pulsed laser annealing邦題名「ダイヤモンドライクカーボンのsp3量とパルスレーザーアニールのエネルギー密度の調整によるQ-カーボンの形成」掲 ?紙:Carbon?  者:Hiroki Yoshinaka, Seiko Inubushi, Takanori Wakita, Takayoshi Yokoya, Yuji MuraokaD O I?0.1016/j.carbon.2020.06.025発表論文はこちらからご確認できます? U R L:https://doi.org/10.1016/j.carbon.2020.06.025 <詳しい研究内容について? 新物質Qカーボンの作製を再現 エネルギー材料としての展開に期待 <お問い合わせ> 岡山大学異分野基礎科学研究所 准教授 村岡 祐治 (電話番号)086-251-7898 (FAX?86-251-7903 2020-07-30 cp90083彩票銈儷銉勩儚銈ゃ優銉肩梾鎮h€呫仌銈撱伄涓嶅畨瀹氥仾绮剧鐘舵厠銇搞伄銈堛倞鑹亜鍑︽柟钖伀銇ゃ亜銇︺伄鐮旂┒锛堝病灞便亞銇ゃ偄銉戙偡銉笺儣銉偢銈с偗銉堬級 http://mhyt287.cn/tp/release/release_id754.html ◆発表のポイント岡山大学病院脳神経内科のアルツハイマー病患者さんで、うつスコアやアパシースコアの高い人を対象に、その症状を改善するのに効果的な処方薬について研究しました。同じ抗うつ剤でも、レクサプロ®はアルツハイマー病のうつ症状が強い患者に、そしてジェイゾロフト®は同病のアパシー症状が強い患者におすすめの処方であるのかもしれない、という興味深い結果が出ました。うつ症状とアパシーそれぞれに注目し薬の効果を確認した研究報告は世界で初めてです。 アルツハイマー病患者にはうつ症状やアパシーといった意欲低下症状が認められます。アパシー(apathy)とは、ギリシャ語のa=失う、pathos=感情・苦悩を組み合わせた言葉であり、喜怒哀楽の感情がなくなった状態を指します。アパシーは認知症初期から認められる人が多いとされる、うつ状態と似た精神症状です。うつ症状は、やらなければならないといった気持ちはあるのにやる気が出ないことに患者自身が苦しみ、アパシーは患者自身の苦しみはないのですが、そのぼうっとしている患者の様子を見て家族など介護者がどうしたのだろうと心配になる、という特徴があります?  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(医)の阿部康二教授と武本麻美助教の研究グループは同大学病院に通うアルツハイマー病患者を対象としてうつ・アパシーといった精神症状の改善に効果がある抗うつ薬は何であるか研究してみました。その結果、同じ抗うつ剤であっても、エスシタロプラム(レクサプロ®)はうつ症状改善に、セルトラリン(ジェイゾロフト®)はアパシーの改善により強い効果があるようだという結果を得ました?  世界で初めての報告であり?020??5日、米国の「Journal of Alzheimer’s disease(JAD)」にオンライン上で掲載され?月刊行の学会誌に掲載されます。◆研究者からのひとことアルツハイマー病患者さんの精神症状に対してより細やかに処方薬の選択を行うことで、心が元気になり、その人らしい人生を送って頂けるきっかけになる研究成果かもしれません!阿部教授アルツハイマー病患者さんの心の状態が、いかに奥深いものかという事が今回の研究でよく分かりました!武本助教 ■論文情報論 ?名:The efficacy of sertraline, escitalopram, and nicergoline in the treatment of depression and apathy in Alzheimer’s disease: The Okayama Depression and Apathy Project (ODAP)??紙:Journal of Alzheimer’s disease?  者:Mami Takemoto, Yasuyuki Ohta, Nozomi Hishikawa, Toru Yamashita, Emi Nomura, Keiichiro Tsunoda, Ryo Sasaki, Koh Tadokoro, Namiko Matsumoto, Yoshio Omote, and Koji AbeD O I?0.3233/JAD-200247. Online ahead of print. <詳しい研究内容について? アルツハイマー病患者さんの不安定な精神状態へのより良い処方薬についての研究(岡山うつアパシープロジェクト) <お問い合わせ> 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学 教授 阿部康二 (電話番号)086-235-7365 (FAX)  086-235-7368 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学 助教 武本麻美 (電話番号)086-235-7365 (FAX)  086-235-7368 2020-07-30 够力彩票奖表鐪熷倷鐢恒偄銉炽偙銉笺儓瑾挎熁銇倛銈婃按瀹崇墖浠樸亼銇斻伩銇帓鍑鸿鍕曘倰鍒嗘瀽 http://mhyt287.cn/tp/release/release_id752.html ◆発表のポイント浸水発生直後の被災者による片付けごみの排出行動を知ることで、自治体は適切な初動対応を立案できます。そのため、平?0?月豪雨で被災した倉敷市真備町?00世帯に、片付けごみに関する詳細なアンケート調査を行いました。排出ルールの認知、ごみ種類別の排出量と排出期間、不法置場の発生と原因などを分析し、排出者の行動様式を明らかにしました。 大学院環境生命科学研究科の藤原健史教授らの研究グループは、平?0?月豪雨により、真備町の浸水を経験した800世帯にアンケート調査を実施しました。(調査期間:令和元?&#65374;8月)。回答結果より、排出ルールの認知、ごみ種類別の排出量と排出期間、不法置場の発生と原因などを分析し、排出者の行動様式を明らかにしました?  本研究により、被災地域の最大浸水深が明らかになれば、片付けごみの排出量の変化が計算できるため、ごみが本格的に排出されるまでに一次仮置場や収集の計画を立てられる可能性があります。排出行動図も参考に、多くの自治体で暫定仮置場の検討の参考になります。また、他の被災地域にも同様の調査を行うことにより、被災者の排出行動がより明確になり、精度が上がると考えられます?  本研究成果は9?6日、廃棄物資源循環学会の「第31回研究発表会発表講演集」に掲載されます。◆研究者からのひとこと梅雨に入り各地で水の被害が発生しています。災害廃棄物への対応の良し悪しは、片付けごみが本格的に発生するまでの短い期間に、自治体がどこまで計画的にごみを受け入れる準備ができるかによって決まります。そのために、排出者がどのごみをどのタイミングで排出するのかを正確に知ることが必要と考えました。そして、倉敷市と真備町の市民の方々のご協力により、被災後の片付けごみの排出行動を詳細に分析することができました。他の自治体の対策立案に役立てばと思います。藤原教? ■論文情?  ??名:片付けごみの排出行動の分析:倉敷市真備町の洪水災害を対象とし?  ??紙:廃棄物資源循環学会発表講演集   ?  者:藤原健史、森脇直輝、浪越宥?  ??名:片付けごみの排出モデルの作成と収集戦略:倉敷市真備町の洪水災害を対象とし?  ??紙:廃棄物資源循環学会発表講演集   ?  者:藤原健史、浪越宥弥、森脇直? <詳しい研究内容について? 真備町アンケート調査により水害片付けごみの排出行動を分析 <お問い合わせ> 岡山大学 大学院環境生命科学研究科 教授 藤原健史 (電話番号) 086-251-8994 (FAX? 086-251-8994 2020-07-30